「てらこや夢ほいく」の幼児お預かりサービスが始まります。

「てらこや夢ほいく」の幼児お預かりサービスが始まります。

「てらこや夢ほいく」は、新しい保育の形を通じて、幼児との親子関係を見直す機会を提案する、てらこや新都心の新しいチャレンジです。

母親がひと時でも自分を見つめる時間を取り戻すとともに、お子さまにはご家庭ではなかなかできない活動の体験を通じて、自分の世界を広げてもらいたいとの願いを込めています。

てらこや新都心と思いを同じくする女性3人の子育て支援グループ「つむぐは」とチームを組んで、夢の実現を目指しています。

第1ステージとして、3月と4月に体験会を開催し、見守り保育を提供する一方、お母様には別室で、心を癒し、自分を見つめるワークショップに参加いただき、様々な思いを共有いたしました。

 

その経験や、参加者のご意見を踏まえて、5月から「第2ステージ」として、月2回(第2、第4金曜日)午前中2時間の預かり保育を始めます。

お母さまには、ご自身の時間を作っていただき、ちょっとした用事を済ませていただくとともに、お子さまには質の良いおもちゃや、興味深い遊びを通じて、豊かな感性を育むきっかけを提供しようという試みです。
別室で開催されるワークショップも、今のお母さまがたに必要な、自分を見つめ、親子関係を見直す貴重な機会を提供いたします。

母親にもお子さまにも新しい保育の機会を提供しようという「てらこや夢ほいく」、どうぞご期待ください。

詳しくは、ホームページ、Facebookページ、インスタグラムなど「#てらこや夢ほいく」で検索をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です